日本人の資産のデフォルト

   

デフォルトのままが最適という人は少ない

パソコンやスマホなどは、使いながらソフトをインストールしたり、家族の電話番号を登録したり、アプリを追加したりして初期設定からはどんどん変更してゆきますよね。それは変更した方が使いやすくなったり、機能が増えたり、自分にメリットがあるからそうします。
「スマホ買ったときから何も変更してないよ?」って人を聞いたことがありません。

携帯通信simや、ガス、電気なども自由化になり、各社のプランを比較して『より安くなる』等自分にメリットがある会社に乗り換える人も増えました。

このように、初期設定(デフォルト)のままが最適という人は少ないのです。

 

日本人の資産のデフォルト『円』『預金』

資産・お金で考えると日本人の初期設定(デフォルト)は何でしょう。それは『円』であり『(銀行)預金』です。

会社からの給料は銀行振込で受け取りますよね。
「俺は外資系企業に勤めてるからドルで受け取っているぜ」なんて事もありません。お金もこの初期設定のまま「円で」「銀行預金で」持っておくよりも、それぞれ自分に合ったものに変更したほうがメリットがあるんです。

2011年の私は、円は日本個別株式に銀行預金は証券口座預けに一部を変更しました。が、6年間売買を繰り返した結果、残念ながら資産を減らしてしまいましたので、デフォルトの設定に(円預金に)一旦戻しました。
しかし、2017年9月からは一部資産を新たな設定に変更しています。円をドル(インデックス投資)に、銀行預金をSBI証券ハイブリッド預金(証券口座預)に変更しました。

私は円をドル(ETF)に一部変更

この変更は今のところ私には合っているようです。運用期間もまだ数カ月ですが、資産も数%ではありますが増えています。また、何より日本株は私にとっては精神衛生上よくありませんでした。日本株で特に短期売買にはまっていた時は、激しい値動きが気になるので、トイレに行く毎にスマホで株価をチェックしたり、そのままトイレでトレードすることもありました。

しかし、インデックス投資(米国株・S&P500ETF)に変更後は、株価(評価額)は1日1回家でチェックするだけで気が済んでいますし、トイレでトレードすることなど無くなりました。今後もしないと言い切れます。

また、当時は少子高齢化の日本の将来(というか自分の将来)に不安も感じていました。税金や物価は上昇するものの給料(手取り額)はそれに伴っては上がらない。日本人の生産年齢人口減少による海外との競争力低下。それにより進むだろう円安。それによりさらに値上がりするだろう輸入品。不安いっぱいでした。

しかし変更後(円をドル建てETFに) は、為替は円安になっても円高でも、どっちも持っているから別にいいや。日本企業が米国企業に競争力で劣っていても、俺その米国企業の株主だから別に構わんわ。と思えるようになり、不安はなくなりました。

あと、某国大統領が「某国ファースト!」と叫ぶのも、全く気にならなくなりましたね。

 

資産においても設定はデフォルトから変更すべき

私には、この「米国株・インデックス投資・S&P500ETF(VOO)」という設定が合っているようです。同じように人それぞれに合った設定があると思います。まだ初期設定の円・銀行預金だけの方は自分にあった設定(運用方法)をぜひ探してください。

円・銀行預金のまま持っておくのはもったいなさすぎます。

スマホの設定を変更したことがある全ての人に、資産の設定変更はおすすめできます。

その情報収集に下記ブログ集はおすすめです。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株に設定変更した仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
海外ETFに設定変更した仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
インデックス投資に設定変更した仲間のブログ

 - 投資理論