金持ちになりたいなら、月収より年収より『時給』を意識するべき

   

お金持ちになりたいなら、時給を意識するべき

私はお金持ちになりたいから、投資をしています。

私のブログを読んでくれている方も「お金持ちになりたい」という方がほとんどでしょう。

ではなぜ、お金持ちになりたいのでしょうか。

・お金をたくさん使って遊びたいから
・高級車に乗りたいから
・女の子にモテたいから

という方もおられるでしょうが、私のブログを読んでくれている方は

・経済的自由を得たいから

という方が多いでしょう。
これは「お金の不安をなくしたい」という事でもありますが、
「仕事に費やしている時間を何か他に使いたい」という事です。

はい。
私も含め、個人投資家の多くは「お金持ち」になりたいように見えて「時間持ち」になりたいのです。

そして、「時間持ち」になりたいのなら、月収より年収より『時給』を意識するべきです。



自分の時給はいくらだろう?

では、自分の「時給」はいくらでしょうか?
これは自分で知っておいた方が良いです。

簡単な計算で知ることが出来ます。
年収500万円で、週40時間働いているのなら
(1年間は52週ですが、盆・正月・GWを除いて50週と考えます。)
5,000,000円÷50週÷週40時間=2,500円/時間 です。

はい。
年収500万円の人の時給は2,500円です。
年収1000万円の人の時給は5,000円です。
年収2000万円の人の時給は1万円です。
年収1億円の人の時給は5万円です。

自分の時給を上げるためには、自分の時給を知った上で、常に時給を意識して行動しなければなりません。

 

年収を上げる・月収を上げるではダメな理由

「時給を上げる」のが大切なのはわかったけど、「年収を上げる」「月収を上げる」でも良いんじゃないの?
という1つの疑問が浮かびます。

たとえば
「500万円の年収を1,000万円にする方法」
「30万円の月収を60万円にする方法」
を考えてみましょう。

すると
・残業して今の倍の量の仕事をこなす
・出勤日を増やす
・夜も別の職場で働く
・副業ブログを始める
など大切な「時間を削る」方法が少なからず浮かんでしまいます。

私達は「お金持ち」というより「時間持ち」になりたいのです。
自分の「時間を削る」方法はダメです。

しかし
「2,000円の時給を4,000円にする方法」
を考えてみましょう。

すると、時間を削る方法は思い浮かびません。

・同じ時間で倍の結果を出す
・半分の時間で同じ結果を出す
・給料の良い会社に転職する
・給料の良い職業に転職する
・仕事の一部を誰かにやってもらう
・下請けに出す
等の時間を削らない方法のみが浮かぶようになります。

だから『時給』を意識するべきなのです。

 

そして、時給が上がったら

そして、時給を意識して時給を上げられるようになったら、余裕資金はインデックス投資して「時間を削らず」に自分の時給を更にあげてゆきましょう。


と、偉そうに書いてみましたが、この本の完全なる受け売りです。

とっても面白い本でした。
アマゾンPrime Reading で無料で読めますし、オススメできます

⇩いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へインデックス投資を行う仲間のブログ

 - お金の勉強, 読んだ本