BNDを400株購入しました

      2019/10/15

タイトルの通り、BNDを400株購入しました。

BNDというのは『バンガード米国トータル債券市場ETF』の事で、その名前のとおりバンガード社が債券(BOND)の代表格として販売している商品です。

SPオヤジにとって初のBND購入です。
その記録を残しておきます。




購入の詳細

購入の詳細はメモがてらツイートしておきました。

84.76ドルでBNDを400株購入しました。
手数料20ドル
過税額2.0ドルで
しめて、33,926.0ドルをお支払い。

BNDの直近の安値は2018/11頃の78ドルくらいなんですが、その頃ドルは114円くらいだったので、為替変動も考えると、あまり高値掴みした感覚はありません。
と自分を納得させての購入。

— SPオヤジ (@SPoyaji) October 9, 2019

内容
購入商品 BND(Vanguard Total Bond Market)
購入単価 84.76ドル
株数 400株
手数料 20.00ドル
課税額 2.00ドル
支払総額 33,926.00ドル

33,926ドルといえば、現在の近似値107円/ドルで簡易計算して 363万円

大きな買い物をしました。

※FXドル転(現引)やSBI銀行でのドル転で、360万円→33,676.33ドルを作成。
ここに、プールしてあったドル現金(805.67ドル)から、249.67ドルを足して、33,926.00ドルをお支払い。
※ドル現金残は556.0ドル。

 

400株購入の原資は?

BND400株購入の原資は、今まで「生活防衛資金」として温めていたお金(日本円)です。

先月の運用状況確認記事から画像を借りて説明すると⇩この紫色の部分です。

 

2019年10月の消費税増税(8%→10%)を機に我が家は、『家計の見直し』&『現在の保有資産の確認』を行いました。
すると
なんやかんやで、ざっくり把握していた以上に円資産が積みあがっている事がわかりました。

はい。
「生活防衛資金」として日本円を確保していなくても、生活を防衛できる目途が立ちました。
という訳で
もう「生活防衛資金」という考え方は捨てて、この日本円はただの「低リスク資産」と捉えてポートフォリオに組み入れる事にしました。

そして
低リスク資産「日本円」の約半分(360万円)を、今回BNDに変更した。

これだけの事です。

BNDは毎月分配金が出るのか♪
めちゃ楽しみです。

 

関連記事

S&P500に特化した等ブログですが、過去にもBNDについて触れた記事は3つ書いていました。

 

先月書いた記事とは違うカタチでの購入になりましたが、めでたくBNDを保有することができました。
株式はS&P500だけ。(ドル建)債券はBNDだけに決めました

 

この記事を書いていた頃は”生活防衛資金”という名前にすごく捉われていた気がします。
2018/7/20「生活防衛資金って現金(日本円)で持たなくちゃダメなの?
2018/7/27「やっぱり生活防衛資金って日本円で持たなきゃダメなの?
良い反省材料です。
上記記事の中でもBNDについて触れています。
BNDの購入欲は1年以上前からあったんだなとわかります。

 




余談

最初、当記事のアイキャッチ画像は別の画像を用意していました。

しかし、アップするのをためらうというか

自分のブログにこれを載せちゃイカン!

ソレ誰得やねん!? と気づいたというか

本能で拒絶したというか

・・・。

ボツにしたアイキャッチ画像がこちらです⇩

 

・・。

やめといて正解でした・・・よね??

重大なミスを犯すところでしたw
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へインデックス投資を行う仲間のブログ
⇧応援ありがとうございます。

 - 購入録・入金録