2020年6月,45万円入金しBND(債券ETF)を48株購入

      2020/06/25

今月は45万円をドル転後、証券口座へ入金しました。
そしてBND(米国総合債券ETF)を48株購入しましたので、その記録を残しておきます。

私のポートフォリオのメインは株式のS&P500なんですが、ここ3カ月の定期買付ではS&P500を全く買い付けできずにいます。
ええ。
うれしい悲鳴です。

入金録

2020年5月の入金額は45万円です。

今月は元手45万円で、4,195.68ドル作れました。
(毎営業日自動ドル転している住信SBIネット銀行からSBI証券へ4,195.68ドル外貨入金しました。)

この1ヶ月の平均ドル転レートは107.25円/ドルだったんですね。
(ちなみに先月の私のドル転レートは107.82円/ドルでした.)

 

購入録

BND(米国総合債券ETF)購入の詳細はメモがてらツイートしておきました。


ドル転で作った4,195.68ドルとプールしてあった買付余力から23.66ドルを使い、4,219.34ドルを使いました。

※残り買付余力36.01ドル。

 

購入録 表

内容
購入商品 BND(米国総合債券ETF)
購入単価 87.47ドル
株数 48株
手数料 18.90ドル
課税額 1.88ドル
支払総額 4,219.34ドル

 

 

VOO(S&P500ETF)の株価はどう動いた?

株価はすっかり上がってしまって、コロナショックは終わった感が出ています。
チャートで確認すると、この通りです。

※画像はSBI証券のページよりお借りしました。



今思う事

コロナショックは一応終わった感が出ています。
私も含み益が出ています。
株価については、もしかするとこのまま史上最高値を更新するかもしれないし、 またガツンと下げるかもしれません。

このコロナショックを経て、日々の株価変動がよりどうでもよく感じるようになりました。

今株価が上がっても、すぐ売るわけではないし、
今株価が下がっても、今使うお金が無くなる訳ではないから困らないし、

日々の株価変動はどうでもよいですね。

 

関連記事

ここまでお読みいただきありがとうございます。もし当ブログを初めて訪れて、S&P500投資に興味が沸いた方がおられましたら、まずこの記事から読んでいっていただきたいです。

 

相場が激しく動くと、投資家の心理も揺さぶられて不安定になりがちです。行動経済学(行動ファイナンス)を学ぶと、陥ってしまうと良くないパターンがわかるので、ダメパターンを回避しやすくなります。「行動ファイナンス」とは大雑把に言うと『投資をする上で人間は完全に合理的な行動など取ることはできないし、色んな罠にはまる。』・・だから気をつけろ!というものです。 行動経済学について全く知らない人は、このページを読むだけでも、かなり得られるものがあると思います。

 

これまでの入金録・購入録です。

 

⇩ブログランキングに参加していました。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へインデックス投資を行う仲間のブログ

 - 購入録・入金録