急落の気配を感じても「持ち続けるべき」1つの例

   

急落の気配を感じとったら、「売るべきか」「持ち続けるべきか」という問題はいつも投資家を悩ませます。

架空の話ですが、
『売ってしまうAさん』と
『持ち続けるBさん』とを例にあげて比べてみます。

 

『売ってしまうAさん』『持ち続けるBさん』

AさんもBさんも「同じ日」に「同じ株」を「同じ株価」で100万円分買いました。
買った直後からその株価は順調に上昇してゆきました。
それから、しばらく経ちました。

 

『売ってしまうAさん』の場合

Aさんが元手100万円で買った株の評価額は下図の時点で200万円を超えていました。

数日後、Aさんは急落の気配を感じ取りました。

Aさんは、この日の終値2820円で全株売却しました。
ちょうど200万円で売れました。

100万円で買った株が200万円で売れたので、儲けは100万円です。
しかし、儲けた分には税金がかかります。
(※簡略化のため、税率は20.00%とします)
Aさんは100万円の20%である税金20万円をお支払いしました。
Aさんの資産は180万円になりました。

 

さて、急落の気配を感じとり売却したAさん。
この後株価はどうなったでしょうか

 

Aさんの予想は的中しこの後、株価は大きく下がりました。

そしてこの日
Aさんは、今が底値だと判断し、株価2538円で180万円分購入しました。

 

『持ち続けるBさん』の場合

Bさんは、Aさんが売ったタイミングでも、その後下げ続けた時も、Aさんが買い戻した時もずっとそのまま株を保有し続けました。

 



『Aさん』と『Bさん』を比較

ちなみに・・
Aさんの予想は的中し、その後株価は上昇しました。

さて、『売ったAさん』と『持ち続けたBさん』上図の時点では、2人のどちらの資産が多いでしょうか?

答え

どちらも同じ。
(しいて言うなら、売買手数料分だけAさんの資産のほうが少ない)

 

解説

Aさんは株価2820円で全株売却し、200万円を得ています。
(2,000,000円÷2,820円/株=709.21・・・株)
つまりAさんもBさんも、この株を最初709株持っていたという事がわかります。

そしてAさんは全株売却後、株価2538円で180万円分、つまり709株買い戻しました。
(1,800,000円÷2,538円/株=709.21・・・株)

AさんもBさんも保有資産はこの709株だけなので、2人の資産は同額です。

はい。
神がかり的なタイミング投資が成功したAさんと、持ち続けただけのBさんが「同じ結果」です。

※ちなみにこのチャートはS&P500の2018年2月の急落を再現したものです。



結論

『急落前に売却して、安値で買い戻す』なんて事に憧れるのはやめましょう。

大事なのは、
「利益確定は長期投資(複利の効果)のパフォーマンスを落とす」
「税金をなめたらアカン」
この2点です。

どんなに売買がうまくても、税金は逃れられません。
Aさんのように売買が素晴らしいタイミングで成功しても、税金の事まで考慮すると持ち続けただけの人と同じ、もしくは持ち続けただけの人に負ける。
という事はザラにあります。

S&P500をバイ&ホールドしておけばOK といわれるのには、このような税金のカラクリもあります。

面白かったよ!という方。
⇩押していただければ他の面白い「投資ブログ」が見つかります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
インデックス投資を行う仲間のブログ

余談

「なんで、売ってすぐに課税されてるんだ?」とか、
「オレの場合は、含み益出てないから売ったほうがマシだよ?」とか、
ツッコミ所は山ほどあるでしょう。
そう思う方はそうして下さい。

私はあと19年はホールドします。

 - 投資理論