「お金は寝かせて増やしなさい」の書評-迷った時に読み返したい本が1つ増えました

      2018/03/29

お金は寝かせて増やしなさい Kindle版 水瀬ケンイチ (著)を読んで

この本が発売された時、私はもう米国株インデックス投資(S&P500投資)もこの投資ブログも始めていましたし、水瀬氏のブログへもよく訪れていました。ですから、この本を購入した動機は『私もインデックス投資ブロガーの端くれとしてインデックス投資ブロガーの大御所の本は読んでおかないとな』というものだったのですが、いやいや失礼しました、大いに勉強になりました。それどころか、投資で迷った時に読み返したい本の1つとなりました。





 

特に「貯金派」の方や「NISAやつみたてNISAで投資デビュー」予定の方におすすめです

やはり、資産形成のメインは「貯金」という手段をとっていて「投資」自体未経験の方、またはこれからNISAやつみたてNISAで投資を始めようと検討中の方におすすめしたいです。
インデックス投資は投資の知識なんてほんのちょっとしか必要ありませんから、この本1冊あれば足ります。あとは本文にも出てきていましたが「本」という都合上情報の更新が出来ませんので、その時代その時代の良いインデックスファンド情報はネット証券のページ等で見る必要があります。しかし、この本が手元にあれば、よいインデックスファンドの選び方もわかります。間違った商品を選んでしまうこともないでしょう。
インデックス投資を始めようか迷っている方がやるべき事は「この本を買う」と「ネット証券口座を開く」これだけで良いです。
今、私のブログにたどり着いてまだ投資を始めていないあなたは「貯金だけではダメだよな・・。」とわかっているんですから、あとは実行するだけです。
(しかし、既にインデックス投資を始めている方が読んでも得られるものは多々ある本です。リーマンショックを乗り越えた筆者の経験を疑似体験できるメリットはとても大きいです。)

唯一残念な点

これはこの本の残念な点というよりかは、Kindle版の残念な点で、Amazonに改善を求めたい点なんですが、漫画の部分がKindle版では非常に読みにくかった。拡大しないと非常に小さくて読み辛いし、拡大したらしたでスクロールが大変でどこを読んでいるかわからなくなる。
まぁ、この本にとって「漫画の部分」は箸休めみたいなものなので、本としての評価には全く関係ありませんが、唯一残念に感じた部分でした。



まとめ

インデックス投資家が読んでおくべきなのはもちろんなのですが、「長期投資」をする者は全員購読して損はありません。「米国株高配当戦略」をとられている方も「長期投資」という部分ではインデックス投資と同じですよね。暴落時の「メディアの不安煽り」で逆に勇気をもらう方法なんかは長期投資家必読です。暴落が起きていない読んでおいて、暴落が起こったその時読み返すべきです。
筆者水瀬さんのブログは以前より読ませてもらっているのですが、ブログと本ではまた違いますね。本では一連のストーリーで情報が入ってくるため、情報の頭への入り方が違いました。

それだけの価値はありますよ☆彡

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
インデックス投資を行う仲間のブログ

 - 読んだ本