iFreeS&P500

私がS&P500への投資を始めた、2017年9月の時点ではS&P500に投資できるインデックスファンドの中で最安コストだったのが iFree S&P500 でした。

初めて買った投資信託であり、思い入れもあるので売らずに(乗り換えずに)そのまま保有しています。
が現在のオススメは eMAXIS Slim S&P500 です。

スポンサーリンク
投資理論

最低コストのeMAXIS Slim S&P500 ではなく、iFree S&P500 を購入しました。

S&P500をベンチマークとする投資信託の中で信託報酬の最も安いeMAXIS Slim S&P500ではなく、信託報酬が2番目に安いiFree S&P500を(7,481円だけですが)追加購入しました。 ※以下『e...
S&P投資のススメ

【S&P500総論】S&P500とは、誰でもお金持ちになれる投資商品

S&P500とは、誰でもお金持ちになれる投資商品です。 ただし、20年以上積立投資を続けられた場合です。 長期に積立投資を続けるためには、その商品のことをよく知っていないといけません。 一緒に学んでゆきましょう。 S&amp...
S&P投資のススメ

ジュニアNISAはiFreeS&P500インデックスに決定

子供に贈与した日本円をどのファンドで運用しようか、悩みに悩んでいたのですが、結局は投資信託のiFree S&P500インデックスに決めました。 ジュニアNISAを投資信託のiFreeS&P500に決めた理由 1、私が...
S&P投資のススメ

iFreeS&P500はドル資産です

iFreeS&P500(投資信託)はドル資産です なにを当たり前の事を今更という感じですが、初心者は意外とこれが理解しにくいんです。 投資信託(iFreeS&P500)は購入時にも、買ってからの評価額にも一切ドル表記が出...
その他

やっぱりiFreeS&P500は優良な投資信託

※今回は私の『お父さん』としての悩みを書いただけの記事です。そんな記事でも読んでいただける方は、それをご了承の上お読みください。 そうでない方はぜひこちらから他のブログへお移りください。 米国株に投資する仲間のブログ 海外ETFに投資...
分析・比較

iFree S&P500インデックス 対 バンガードS&P500 ETF

S&P500に積立投資を行う際、投資信託と海外ETFとどちらで行うのが良いのか (計算してみて初めてわかりましたが、たいした差はありませんでした) 条件は SBI証券で取引を行っている。 購入の20年後(20...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました