好調な時は暴落をシミュレーションする

   

リーマンショックを乗り越えた大先輩投資ブロガー様から教わりました。

「好調な時こそ暴落した時の事を考えなさい」

下表のとおり、S&P500は2016年に入ってからはずーっと好調だったのが、2017年9月以降好調に拍車がかかっています。

今まさしくS&P500は好調です。

ですから教えに従い、

愚直にシミュレーションします。

※ドル資産は円換算します。
※確認時点為替レート 1$=113.42 円
※バンガードS&P500ETF(以下VOOと表記)
※大和iFreeS&P500インデックス(以下iFreeと表記)
※SBIハイブリッド預金(以下現金と表記)

まず本日時点での、私のSBI証券口座内資産(ポートフォリオ)です。

保有数 評価額  評価損益
VOO 20株 560,430円 +12,771円
iFree 486,330口 543,960円 +26,261円
現金 491,650円 0円
合計 1,596,040円  +39,032円

極端でありえない例ばかりですが、シミュレーションしてゆきます。

 

①突如S&P500が50%暴落したら

保有数 評価額  評価損益
VOO 20株 280,215円 -267,444円
iFree 486,330口 271,980円 -245,719円
現金 491,650円 0円
合計 1,043,845円  -513,163円

資産は159万6040円から 104万3845円に下がってしまいます。

下落率でいうと34.6%ダウン

 

②突如超円高1$=80円になったら

保有数 評価額  評価損益
VOO 20株 395,295円 -152,364円
iFree 486,330口 383,678円 -134,021円
現金 491,650円 0円
合計 1,270,623円  -286,385円

資産は159万6040円から 127万623円に下がってしまいます。

下落率でいうと20.3%ダウン

 

③ ①の暴落と②の超円高が併せて起こったら。

保有数 評価額  評価損益
VOO 20株 197,647円 -350,012円
iFree 486,330口 191,839円 -325,860円
現金 491,650円 0円
合計 881,136円  -675,872円

資産は159万6040円から 88万1136円に下がってしまいます。

下落率でいうと44.8%ダウン

 

シミュレーションとわかっていてもぞっとします

しかし、ポートフォリオに無リスク資産(現金)を入れている効果がとても感じられたので、シミュレーションした意味はありました。

安心しました。

超円高&暴落の合わせ技が来たとしても、
私の決めた資産バランス『S&P500関連:現金=70%:30%』を保ってさえいれば、資産は半減以内のダメージで済む。ということがわかりましたから。

③の場合S&P500関連だけの下落率を計算すると、64.7%ダウンですからね。無リスク資産をもっていなかった場合、これは耐えられない・・・、夜安眠できない・・・、もう投資やめよう・・・。そんな可能性が出て来てしまいます。

好調なときは色々誘惑されます

S&P500関連:現金の比率は、バフェット氏が言うように90%:10%にしようかな? とか、S&P500好調だし安定してるから、S&P500一本(100%:0)でいこうかな? とか、誘惑されるのですが、私にはやはりこの70%:30%が合っているようです。

やっぱり、大先輩のアドバイスは聞くべきですね。

その他の先輩の投資理論も参考にさせてもらっております。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
インデックス投資を行う仲間のブログ

 - シミュレーション, 投資理論