下落相場は評価額減って気分悪いけど、後の大勝利が待っているので許します

投資理論

不安定な相場はまだまだ続きそうですし、底がどこか全然わからないですし、評価額が毎週毎週減ってゆくので辛いですが、私は我慢してS&P500投資を続けます。
(というか、今やめるとかもったいなさすぎてありえんのですわw)

 

暴落とか下落相場の時って、小さい情報が気になって、それで動いてしまって失敗する事が多いです。(日本個別株投資家時代の自分を思い出してみてもそうです。)

ですから私はこのような状況の時こそ、すごく基礎的な内容を思い返すのが大事だと思っています。

 

スポンサーリンク

忘れてはいけない大原則

世界の人口はまだ増える

日本は人口減少のターンに入りましたが、それは「日本」に限った話です。
世界の人口はまだ増えます。
アメリカの人口もまだ増えます。

人口予想は、未来予想の中でも大きく外した事がありません。

そして、人口が増えればその世界(国)の経済規模は大きくなる。
すなわちその世界(国)の株価は上がるという事です。

S&P500を、世界的企業に投資していると捉えても、アメリカの大企業に投資していると捉えても、どちらの場合でも、そこの地域の人口は増えるので、先行きは明るいです。

持ち続けてりゃまたS&P500は史上最高値を更新しますよ。

 

アクティブ運用よりパッシブ運用のほうが長期リターンが良い

アクティブ運用、つまり状況を見ながら売買したり銘柄を入れ替えて運用することよりも
パッシブ運用、つまりS&P500をただただ持ち続ける運用をしたほうが、リターン(最終結果)が良いのです。

これは好調相場に限った話ではありません。下落相場・乱調相場でもそうです。

じたばたしないで、じっと我慢して保有しておく。
これでいいんですよ。
そうすりゃ、慌ただしく動いた人の10人中9人より良い結果が残せます。

持ち続けてりゃまたS&P500は史上最高値を更新しますよ。

 

個別株と違ってS&P500は どの時代も史上最高値を更新してきた

S&P500指数はどの時代も史上最高値を更新してきました。
今現在史上最高値だけはいつまで経っても更新できない。と考えるほうが無理があります。

次に史上最高値を更新するのは10年後になるかもしれませんが、そこまで10年間積立投資を続けていれば、10年後史上最高値を更新した時のその評価額はすごいものになりますよ。めっちゃ楽しみですね。

いやいや10年どころではなく、次に史上最高値を更新するのは20年後になるかもしれません。しかし、そうなれば10年程度で史上最高値を更新したどころではないハンパない評価額が20年後見られますよ。めちゃめちゃ楽しみですね。

もっと低迷が長くて次の史上最高値を更新が25年後や30年後になれば?? 楽しみですねー

持ち続けてりゃまたS&P500は史上最高値を更新しますよ。

最後に

私は「ゆっくりとお金持ちになろう」と思ってS&P500投資を続けています。
S&P500投資を選んだみなさんも「爆速で金持ちになろう!」と思って、S&P500投資を始めた訳ではないはすです。

ゆっくり待ちましょう!

関連記事

なんやったらこの下落相場が来たおかげで、金持ちになるまでの時間が短くなったぐらいなもんですよ。下落は長期積立投資家にとっては、来てくれたらラッキーな事なんです。

「積み立て中の暴落」は「不安」だが役に立つ
このタイトルは、2016年にヒットたドラマ『逃げ恥』=逃げるは恥だが役に立つ 風にしたのですが、気付いていただけたでしょうか。(※え!?「逃げ恥」って2016年なの? うそだそんなに前じゃないでしょ?⇒いえいえ2016年です。うそだと思...

 

ゆっくり行こうぜ~! ゆっくりいったほうが人生豊かやで! という話です。

お金はゆっくり増やす方が良いです。プロダクトライフサイクルで解説
お金はゆっくり増やすのが良いです。「宝くじの高額当選者のほとんどは不幸になる」「ギャンブルで稼いだ金はすぐ消えてなくなる」とか1度は耳にしたこともありますよね。私はこれらを『プロダクトライフサイクル』にあてはめて考えてみて、腑...

コメント