2019年からNISA制度の非課税枠をフル活用する方法

   

結論から言うと、2019年からNISA制度の非課税枠をフル活用する方法は、下記のとおりです。

2019年~2023年の5年間は”NISA”で、120万円×5年=600万円 を運用し、
2024年~2037年の14年間は”つみたてNISA”で、40万円×14年=560万円 を運用する。

これで今後19年間で、1160万円という非課税枠を使うことができます。

「フル活用する方法」の詳細説明の前に、まずはNISAと,つみたてNISAの基本情報を確認しておきます。

 

「NISA」と「つみたてNISA」の違いを確認

NISA 基本情報

毎年の非課税枠は120万円と大きいのが特徴。
しかし、非課税期間は5年と決して長くはありません。
2014年から始まった制度です。

 

つみたてNISA 基本情報

毎年の非課税枠は40万円と大きくはありません。
しかし、非課税期間が20年と長いのが特徴。
2018年から始まった制度です。

 

非課税枠と非課税期間以外の違い

投資対象商品が違う

・つみたてNISAの投資対象は、金融庁が商品を厳選した投資信託だけです。
金融庁が無数にある投資信託商品をすでに160本程度に絞ってくれてはいるのですが、160本もあったら選べないよ・・・。という方へは、信託報酬が0.1%台~0.2%台の低コストなものに絞ってから選ぶことをおすすめいたします。

・NISAの対象商品は、投資信託だけではなく、日本個別株、海外ETF(海外投資信託)、海外個別株、と幅広い対象の中から選ぶことができます。
資金は割とあるからNISAを選びたいけど、何を選んだらよいかわからない・・。という方へは、つみたてNISAと同様、つみたてNISA対象商品の中から低コストなものを選ぶのをおすすめいたします。

 

NISA制度の非課税枠をフル活用する方法

NISAの非課税投資枠は最大600万円?

~私も勘違いしていました~
(S&P500という米国株インデックスに集中投資しているSPオヤジ)は2018年からNISAの非課税枠を使って、S&P500(海外ETF,および投資信託)に投資しています。
2018年の非課税枠120万円は使い切りました
私の場合は、2018年~2022年の5年間で 120万円×5年=600万円 の600万円しか非課税枠が使えないと思っていたのですが、これは違いました。2023年新たに120万円の非課税枠を得る方法がありました。

金融庁のNISA特設ウェブサイトを見ると「投資可能期間 2014年~2023年」となっています。
2018年のNISA枠の非課税期間は5年間で、2022年の年末までです。
逆にいうと、2018年枠の非課税期間を2022年末までに終了させれば、2023年は新たなNISAの非課税枠120万円を得ることができます。

ですから、2018年からNISAを始めた人の場合、2018年~2023年で最大累計720万円の非課税枠を使うことができます。

非課税投資枠  新規投資額で毎年120万円が上限(非課税投資枠は最大600万円)

金融庁ののNISA特設ウェブサイトにもこのように載っているのですが、これは同じ時期に使える非課税枠の最大額のことです。

 

NISA・つみたてNISAはどちらかしかできない?

NISAとつみたてNISAは同時併用することはできません。

ですから、
NISAの120万円×5年間=600万円 と
つみたてNISAの40万円×20年間=800万円 とを比べて
「どっちにしようかな~」
「非課税枠のより大きい800万円にしよう!」と、された方もおられると思います。

が、これは「非課税枠をフル活用する」という観点からすると間違いです。
2023年でNISA制度は終了しますが、つみたてNISA制度は2037年まで終了しません。

「非課税枠をフル活用するならば」
2023年まではNISAを使って、2024年からはつみたてNISAを使えば良いのです。

そしてNISAとつみたてNISAの非課税枠を同じ年に併用しなければ良いので、
2023年までは「NISA」
2024年~2037年は「つみたてNISA」
とすることが「非課税枠をフル活用する」方法なのです。

 

2019年からNISA制度の非課税枠をフル活用する方法

繰り返しになりますが『2019年からNISA制度の非課税枠をフル活用する方法』は

2019年~2023年の5年間は”NISA”で、120万円×5年=600万円 を運用し、
2024年~2037年の14年間は”つみたてNISA”で、40万円×14年=560万円 を運用して、
今後19年間で、累計1160万円という非課税枠を得ることです。

 

最後に

当記事は『非課税枠をフル活用する』という観点で書き進めてきました。
しかし注意していただきたいのは、
『非課税枠をフル活用する』ことがイコール『利益が最大になる』ことではない
という事です。

株式市場の相場状況によっては、NISAの運用期間5年間では利益が出ない事もありますので、ある程度の利益が出たら、5年を待たずにそこでNISA枠での運用を終了させる等の工夫が必要かもしれません。

NISA口座では利益が出た分は非課税になるけれども、損が出てしまうと、その分の損益通算はできない等のデメリットもあります。

また、話が複雑になるので当記事では書きませんでしたが、NISAにはロールオーバーという制度があります。 新たな非課税枠を得るよりも、ロールオーバーをしたほうが『利益が最大になる』かもしれません。

しかし、これは投資をしている商品が「日本株なのか」「米国株なのか」「個別株なのか」「インデックスなのか」によっても大きく異なりますし、その時の各市場の相場状況によっても異なりますので、熟考してもあまり意味がありません。

私個人(米国株インデックスに集中投資している人)が今後どうするのかでよければ2021年あたりから、NISA枠を利確するのか、利確せずにロールオーバーを選択するのかを少しずつ考察し始めると思いますので、またちょくちょくブログを覗きに来てください。

現時点では『非課税枠をフル活用する』方法を知っておく、そしてその制度を利用してみる。これで充分かと思います。

 

参考書籍「人生100年時代の年金戦略

※1,500円程する本ですが、これを読んで実践することで、増額する年金の額や節税できる額は、万単位~10万単位になります。元手の1,500円をはるかに上回ります。日本で働いている人は全員読みましょう。おすすめ出来る良い本です。年金の事だけではなく、資産運用のことについても触れられています。

 

⇩ブログランキングに参加しています⇩
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へインデックス投資を行う仲間のブログ
いつも応援⇧ありがとうございます

 - お金の勉強, 読んだ本