SPXL(Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF)は魅力的な投資商品

      2018/07/11

SPXLは魅力的な投資商品

SPXLとは「Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF」のことです。

大雑把に説明すると「上げも下げもS&P500の3倍の動きをするETF」です。

ですからうまくいけば、S&P500ETFへ投資している場合と比べて「3倍速く資産形成できます」もしくは「3倍大きく資産形成できます」

まぁ、論より証拠です。SPXLが今までに残した結果を見てゆきましょう。



SPXLはこのような結果を残してきた

まずはSPXLとVOO(S&P500ETF)のチャートを見てみます。

SPXLの直近5年データ

※画像はSBI証券の5年チャートを引用

S&P500ETF(VOO)の直近5年データ

※画像はSBI証券の5年チャートを引用

 

比較 SPXL終値 VOO終値
2013/1/2 7.86  (100) 133.60  (100)
2014/1/2 15.51  (197) 167.63  (125)
20151/2 21.91  (279) 188.40  (141)
2016/1/4 19.81  (252) 184.31  (138)
2017/1/3 27.51  (350) 206.74  (155)
2018/1/2 45.19  (575) 247.09  (185)
2018/4/25 40.87  (520) 242.83  (181)

※( )内の数値は2013年初の数値を100とした場合の数値

このように、VOOが5年で約1.8倍になったのに対して、SPXLは5年で約5倍です。

めちゃくちゃ魅力的ですよね。SPXL

 

しかし

インデックス投資家たるもの株価上昇の事だけを考えていてはいけません。

しっかりと株価が下落した時のことも考えてみましょう。

比較 SPXL終値 VOO終値
2018/1/26 54.48  (100) 263.36  (100)
2018/3/23 38.93  (71.4) 238.09  (90.4)

この表のとおり、2018/1/26から3/23にかけてVOOが9.6%下げたのに対し、SPXLは28.6%下げています。

めちゃくちゃリスキーですよね。SPXL

 

しかし、私はS&P500の株価(指数)は今後も上昇し続けると信じています。

という事は、SPXLも今後も上昇し続けると信じているという事になります。SPXLに投資した方がよりお金持ちになれます。こんな商品があると知ってしまったのですから、興味を持たないはずがありません。

しかし、魅力的だけどリスキーだよな・・・。と悩みます。

なので先日つい、Twitterでこんなつぶやきをしてしまいました。

 

しかし私はS&P500 の1本でいきます

すみません。しかし、私はS&P500ETF(レバレッジなし)1本でいきます。

なぜなら、SPXLに積立投資したとシミュレーションすると、私のリスク許容度を超えてしまうからです。

私のリスク許容度はS&P500ETFが限界です。

それは以前、シミュレーションで導き出しました。

そして今現在は、現金比率は年齢%がちょうど良いと考えています。

(例:34歳の人なら、現金比率は34%にするべき)

私の今のポートフォリオは

と、一見、現金比率4%とかなり攻めたポートフォリオに見えます。

しかし、私はポートフォリオ外で現金で「生活防衛資金」をしっかりと持っていますので、それを組み込むと、現金比率は50%を軽く超えます。

なので、今30代の私にとっては物足りない資産配分なんですよね。

だから、SPXLを買いたくなっているのです。

しかし、このままあと1~2年程VOOへの積立投資を続けたら現金比率は「年齢%」になる予定なのでそれまではこのぬるめの資産配分で我慢します。

私の目標は、ソッコーでお金持ちになること! ではなく、

20年間(S&P500ETFへの)積立投資を続けてお金持ちになること! ですから。

(関連記事)



しかし、

私のように変なこだわりのない方にはSPXLはおすすめです

自分が買わない・買っていないものを、おすすめするのはあまり好きではないのですが、

「ソッコーでお金持ちになりたい人」や「投資の元手が少ない人」には良い選択肢の1つではあると考えています。

追記
「掛け捨て保険」を解約して「賭け捨て投資」として現在は私もSPXLを少し購入しています。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
米国株に投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
海外ETFに投資を行う仲間のブログ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
インデックス投資を行う仲間のブログ

 - S&P投資のススメ